治療の流れについて

  • Home
  • 治療の流れについて

インビザラインを使った矯正治療の流れ

兵庫県宝塚市の歯医者「安福歯科医院」では、透明なマウスピースを使った目立たない矯正治療「インビザライン」を取り扱っています。金属の矯正装置の見た目が気になる方や、軽度の歯並びの乱れを手軽に整えたいという方に好評です。ここでは、当院が手がけるインビザラインを使った矯正治療の流れについて簡単にご説明します。

インビザライン矯正の流れ

1.初診カウンセリング
矯正治療をご希望の患者様から、お口のお悩みをうかがったり、歯並びや咬み合わせの状態を確認したりしながら診断を行います。それらを踏まえ、だいたいの目安となる治療内容、治療期間、費用についてご説明します。また、虫歯や歯周病がある場合は、その治療を先に完了させる必要がありますので、同時に検査・診断を行います。
2.精密検査
初診時の簡単な検査・診断よりさらに詳細な診断をご希望の方に、インビザライン矯正に必要な精密検査を行います。レントゲン撮影、写真撮影、3D-CT撮影、歯型採取、咬み合わせチェックなどを行います。
3.治療計画(クリンチェック)
インビザライン矯正治療では、専用ソフト「クリンチェック」を使って歯並びをどのように整えていくかシミュレーションを行います。最終的な目標とする歯並びや治療期間、費用、抜歯や歯を削るかどうかなど、患者様自身のご希望を踏まえながら、シミュレーションをし、治療計画を立案します。
4.ご説明・ご契約
クリンチェックの結果は3Dシミュレーション動画で確認できますので、それを使って患者様に治療計画についてご説明します。そのうえでさらにご希望をうかがい、計画に反映させていきます。これらの結果から、患者様自身が治療を受けたいというご希望があれば、ご契約となります。実際にかかる費用については、再度、見積もりをお出しします。
5.初期治療(虫歯や歯周病治療が必要な場合)
虫歯や歯周病といったお口の病気がある場合は、インビザライン矯正治療に先立ち、治療を行います。当院は、矯正専門医院ではなく、一般歯科治療を行っているため、虫歯や歯周病治療も安心してお任せいただけます。
6.インビザライン製作
患者様のクリンチェックデータを、米国アライン・テクノロジー社へ送り、インビザラインを発注します。治療のゴールまでのインビザライン「アライナー(マウスピース)」がオーダメイドで作られ、送られてきます。発注から2週間ほどで、当院に到着します。
7.インビザライン矯正のスタート
到着したアライナーの装着や取り外しの練習を行い、お手入れ方法、注意点についてもご説明します。歯のホワイトニングを同時に行うこともできるため、ご希望の方はお申し出ください。
8.経過観察(歯の移動)
インビザラインを歯に装着すると、初めのうちは少しキツイ感じがするかもしれません。毎日20~22時間装着しますので、次第に違和感もなくなって慣れてきます。少しずつアライナーで歯を動かし、定期的に次のステージのアライナーに交換していきます。問題なく歯の移動ができているか、2~3ヶ月に一度ご来院いただき診察をし、必要に応じて歯のクリーニングやお口の健康チェックを行います。
9.保定期間(整った歯並びを維持する期間)
ほとんどの矯正治療では、移動させた歯が元の位置に戻ろうとするため、治療後に保定期間を設けます。リテーナーと呼ばれる保定装置をインビザライン同様に製作し装着していただきます。こちらも治療中と同じように数ヶ月に一度通院していただき、状態を確認していきます。一般的な矯正治療では、歯を移動させたのと同じ期間が保定期間となります。インビザラインでも、同様に保定期間を設けます。
  • ご相談や診療のご予約は、お電話かWEBページからお申し込みください安福歯科医院(完全予約制)TEL 0797-74-7855 休診日:日・祝9:30~12:30 / 14:30~19:30 (土曜~17:00)